2008-06-16

W杯アジア三次予選 タイ×日本

結果は、3-0で日本の勝ちだった。日本の得点者は、闘莉王、中澤、憲剛。

まあ、実力差が出たという感じだったかな。タイは高さがないということで、セットプレーでしっかり勝ちに行った試合という感じ。

スタメンは、出場停止の大久保の代わりに香川を入れただけ。右足の怪我の状況が深刻と言われていた俊輔は強行出場。タイ相手なら憲剛でいいと思うのだが、まあ、これは結果論か。若返りで香川を入れたんだろうけど、どうも無理矢理入れた感が漂っている。J2見てないので何とも言えないが、香川はそこまでの逸材なんだろうか。海外では10代の選手が代表に選ばれることも多いというが、それなりに活躍しているからだろう。名古屋の小川でも入れた方がいいのではないかと思うのだが。

前半は完全に日本のペース。タイもオマーンほどではないが、かなりの猛暑とは聞いていたが、前線から運動量豊富に守備をしていた。対するタイは試合が進むにつれて、日本のパス回しについていけなくなり、自陣にひきこもる展開に。日本は主に左サイドを中心にタイを攻め立て、山ほどFKとCKを浴びせ、CKからの流れで闘莉王と中澤が決める。これは両方共遠藤のアシストだが、キックの精度も高かった。やはり日本は確実な得点源としてこれを武器にした方がいいだろう。

しかし、後半に入ると、前半から飛ばしていた日本の運動量がガクッと落ちて、タイもボールを持つようになる。岡田監督の試合はこういうのが多いな。ボランチが遠藤と長谷部ということもあって、一旦劣勢に回ると立て直しが難しいという問題もある。長谷部はまだしも、遠藤はこれ以上守備がうまくなるとも思えないんだよな。組み合わせをいじらざるをえないでしょう。

そのままだらだらと時間は過ぎていったが、松井の代わりに矢野、俊輔の代わりに憲剛が入ったところで、ようやく日本の運動量も復活し、後半43分に裏に抜け出した憲剛が3点目を決めてようやく止めを刺した。

全体的には、暑さのわりには動けていたし、0-3の快勝という結果は良かった。しかし、後半押し込まれる時間帯があるなど、実力差を見せ付けた貫禄勝ちとは言えないところもあり、まだまだ改善の余地はあるだろう。

同じグループの一方の試合、バーレーンとオマーンが引き分けたことで最終予選進出が決定。とりあえず一安心と言ったところだろうか。次の試合こそ、怪我がちな俊輔は休ませてほしいところだ。

2008-06-10

W杯アジア三次予選 日本×オマーン オマーン×日本

W杯アジア三次予選。ホーム、アウェーでオマーンとの連戦になった。負ければ岡田解任という話も出ていたらしいのだが、結果は1勝1引き分け。首は繋がったという感じだ。

まずは初戦。結果は、0-3で日本の勝ちだった。得点者は、中澤、大久保、中村俊輔。

これは久々に溜飲の下がる試合だった。驚いたのがスタメン。弱気だったアウェーのバーレーン戦と違い、中盤に俊輔、松井、遠藤、長谷部を並べる攻撃的な布陣。特に、遠藤と長谷部のボランチは驚いた。しかも、試合中は遠藤ががアンカーなのだ。ガンバでもよっぽど負けてないとそんなことはやらない。オマーンなど粉砕してやるというつもりなのか、自棄になっているのか。どちらにしても強気なのはいいことだ。バーレーン戦で一番失望したのは、最初から相手に合わせた弱気布陣だったことだ。駄目だったときに弱気になればいい。

試合は、開始10分でCKから中澤が先制点を上げたことにより、かなり楽になった。これでオマーンは前に出てこざるをえなくなり、逆に日本はやりやすくなった。このすぐ後の22分、前線で上がっていた闘莉王に俊輔がロングフィードを当て、闘莉王が落としたところを大久保がシュート、これが入って2-0。

そして、後半初めに3点目となる中村が珍しい右足シュートを決めると、これで勝負アリ。この後は慎重にゲームをコントロールした日本が危げなく逃げ切った。

ポイントは二点で、運動量豊富に攻守の切り替えを早く行なったことと、遠藤を中心とする的確なパスワーク。結局日本の長所を活かすとなると、ポゼッションの方に行くのはオシムと同じ結論のようだ。オシムも岡田監督もクラブでは速い展開の方を得意としていたというのも興味深い。それだけ、俊輔と遠藤の存在が異質ということだろうし、もちろん松井と長谷部のパスも正確。日本人の技術力の高さを武器にするということだろう。あとはどれだけ運動量を上げられるかというのも今のサッカーの潮流を考えれば、当然の課題だろうか。

次に連戦となったアウェーのオマーン戦。結果は、1-1で引き分けだった。得点者は、遠藤(PK)。

スタメンはSBの長友が離脱した代わりに内田が入っただけで変更はなかったのだが、こちらはさすがにホームと同じというわけにもいかなかった。まず、35度を越えるという気温。加えて日本のテレビ放映のためにまだ日のあるうちに試合を開始したらしい。どうもW杯の教訓が活かされることはないようだ。そして、今度は開始早々にオマーンに先制点を奪われてしまった。攻めのアイデアにも欠けていた。セットプレーでは、相手GKに直接取られてしまうことが多かったし、闘莉王の攻め上がりと速攻のような工夫もなかった。真ん中で不用意なボールの取られ方をしてカウンターを食らうこともしばしば。これも異常な気温のせいなのだろうか。

試合は基本的に支配していたのだが、SBの裏が徹底して狙われていた。アンカーが遠藤というのも裏目に出てたところがある。途中大久保が退場してしまってプランが崩れたというのもあるだろうが、選手交代はもうちょっと早くやってほしかった。結局1-1の引き分けに終わったが、アウェーで劣悪な環境を考えれば許容範囲か。しかし、残り2戦にはしっかり勝って一位通過はしてほしい。

2008-06-03